ハミルトン・ノーウッド分類の4型にみるおすすめの育毛剤はこれ

ハミルトン・ノーウッド分類の4型の特徴とおすすめの育毛剤はこれ

ハミルトン・ノーウッド分類の4型のイメージ

薄毛のタイプ

ハミルトン・ノーウッド分類の4型は前頭部の生え際が後退するM型、頭頂部から脱毛していくO型に分けられていた薄毛・脱毛のパターンのどちらか一方、もしくは両方いっぺんに進行している状態です。全体的な毛髪量や毛そのものの勢いも感じられなくなっています。薄毛・脱毛では日本人に最も多いとされている頭頂部のO型が進んだ状態です。年齢に関係なく頭頂部の頭皮が目だってきている状態の薄毛・脱毛段階になります。

どういう状態なのでどういう薄毛対策が必要か?

この段階では、M字とO型の薄毛・脱毛が進行しているため発毛促進をしっかり促す必要があります。年齢によって、若年性脱毛症と壮年性脱毛症とに大別されていますが、日本人の20代?50代と年代に関係なく満遍なく現れてくる症状です。時間の経過によって前頭部から後退、頭頂部の髪も細くなり頭皮が透けて見えるためかなり気になる状態です。遺伝と男性ホルモンが原因とされていますが特定はされていません。ただし、既にAGAであると診断が下されている場合は、これまでの育毛シャンプーや育毛剤の他にAGA治療薬を使うといった対策があります。場合によってはHARG療法と呼ばれる専門的な毛髪再生医療を受ける必要があります。このHARG療法は成長因子を毛髪細胞に注入することで毛細胞を活性化させ、発毛・成長を促してくれる療法です。この成長因子は定期的に注入することで毛髪の周期であるヘアサイクルを正常化、長期的に頭髪を保つことが出来ます。脱毛・薄毛が始まり進行して悩んでいる方には根本的に発毛を促進するこのHARG療法によって薄毛・脱毛を改善することが期待されています。

状態に合わせたお勧めの育毛剤はこれ!

リアップ

前頭部の生え際が後退するM型、頭頂部から脱毛していくO型に分けられ、どちらか一方、もしくは両方いっぺんに進行しているハミルトン・ノーウッド分類の4型の薄毛・脱毛段階。一般的には遺伝と男性ホルモンの影響で薄毛・脱毛になるといわれていますがそれがはっきり確認できる段階です。そのため、男性ホルモンの影響での薄毛・脱毛が顕著になる壮年タイプの脱毛・薄毛の対策薬として開発されているリアップがおススメです。リアップの特徴は、育毛効果の認められているミノキシジルを1.0g/100mL中、つまり1%配合していることです。この有効成分のミノキシジルが育毛・発毛を促進する効果があります。また、頭皮に成分をより浸透させるためにプロピレングリコールが配合されてしっかり毛細胞に働きかけます。より強力なミノキシジル5%のリアップX5プラスもあります。

名前 RiUP/リアップ
価格 公式サイト:単価9500円(120ml)5500円(60ml)
配合成分数 3種類
推しとしている成分 ミノキシジル
グレード 医薬品(第一類)
ページのトップへ戻る